ブレンドを作る。即興で。

以前私が「PORT」という此花区のシェアショップでやっていた
珈琲屋「珈琲工房 またたき」は
スペシャリティコーヒーを中心に出すものでした。
スペシャリティにはそれなりの世界があり、
豆の性格によって味が大きく変わる楽しみ、
高品質な珈琲を味わう深みがあります。
しかし、スタンダードコーヒーのうまい喫茶店に出会うにつれ、
「ブレンドを出す世界をより深めたい」
「瞬時にお客さんに合わせた珈琲を作れる世界をつかみたい」
「輸入ごとに豆の性格が変わるファジーな世界を味わいたい」
そう思うようになりました。
この豆は全てスタンダードビーンズ。
これらを組み合わせたブレンドが、今日、
「またたき」の時代に常連として来てくれていた
お客さんの手に渡りました。
後は感想を待つのみ。
「喫茶と場所 ほころび」は、
お客さん一人一人と話しながら、
ちょうどよい珈琲を出すことをつきつめるプロジェクトにする予定です。
(豆が切れたらオシマイ、というのは前と同じですが)

コメント

タイトルとURLをコピーしました