オンラインで通える「バーチャル喫茶」

喫茶店
ほぼカウンターだけの小さな喫茶店を間借りしていました

「バーチャル喫茶」は、ほころび店主が不定期に開店するオンライン上の喫茶店です。
喫茶店に行くように出たり入ったりして、思い思いに過ごすことができます。

テーマを決めてやる日もあれば、そうでない日も。
何かしらとコラボレーションしたり、しなかったり。

当店のコーヒーを事前に注文していただき、一緒にゆっくりと淹れる時間をとります。
敢えてみんなで、他愛もない会話をしながらゆったりと淹れるだけで、みなさんの心がほぐれる不思議なひと時が生まれます。

どなたでもお待ちしております。

喫茶店

こんな人におすすめ

「コーヒーを飲みに出かけてリラックスしたいけど、喫茶店にいく時間が取れない…」
「子連れで喫茶店にいくのってすっごく気を遣うんだよね」
「家でのコーヒータイムがもっと楽しくなったらいいのにな…」
「喫茶店のタバコがすごくって…無理」

という方の理想を叶えるためにはじめてみました。

どんなことをするの?

「バーチャル喫茶」では、オンライン上に「喫茶店」を開店し、お家などからインターネットにアクセスしていただいて「お越しいただき」ます。
ほんとうの喫茶店のように、座席を自由に移動できるようになっています。
インターネットにつなげられる環境と、パソコン・タブレット・スマホがあれば参加できてしまいます。世の中便利ですね。

参加される方で一緒にのんびりとコーヒーを淹れます。
こののんびりの時間が、大事だと思っています。

ペーパードリップでもコーヒーメーカーでも、のんびり、だらだらと淹れるだけで、コーヒーは勝手においしくなります。
このこと、一人でも多くの人にお伝えしたいと思っています!

あとは、来たお客さん同士や私と喋っても良いし、
離れた場所で店主セレクトの音楽を聴きながら本を読んで過ごしても良い。
ご自由に、ゆったりとじぶんの時間を、つかずはなれず、過ごしていただけます。

よくあるご質問

質問が書いてある文字をクリックすると回答内容が開きます。

まず、ウェブ会議のようにお互いの顔がアップでずっと映しっ放しになる、ということがありません。
当日は「Spatialchat」というサービスを使うのですが、映る範囲はSNSのアイコンくらいの大きさになります。
また、座席を自由に動くことができ、みんなでしゃべってるところから離れて、遠目に会話をBGMにしつつ本を読む、なんてこともできます。
※「Spatialchat」の利用は無料で、会員登録も必要ありません。ただパソコンから参加したほうがエラーが少なくなります。
以下はイメージ図です。テスト画面に入ってみました。

LINE公式アカウントか、メールマガジンにて告知しております。
告知以外にも、みなさまのコーヒーライフを豊かにするようなおもしろ情報を発信してまいります。
LINE公式アカウント
LINE公式アカウント

友だち追加

メールマガジン

参加者のおひとりと、前回「バーチャル喫茶」を行う際に場所を提供してくださった「Katachi」のオーナーさんから参加してみた感想をいただいております。
(クリックすると拡大して読めます)

はい、コーヒーメーカーでも、100均のドリッパーとペーパーにやかんや瞬間湯沸かし器でも、なんでもかまいません。
不思議かと思いますが、一緒にじっくり淹れるだけで勝手においしくなります。ちゃんと理由があるので、気になった方はぜひ店主に聞いてみてください。

絶対怒りません笑 私はそういう楽しみ方もします。ご自由な楽しみ方で、お召し上がりください。
参加と同時にコーヒーをお求めの場合、申し込みの際に教えていただければ、お送りするコーヒーをミルクやアイスコーヒーに合うように少し調整を加えます。

カメラをオフにしたり、手元のコーヒーカップだけうつしてご参加いただくこともできます。
ちなみに、発言ゼロでもご参加いただけます。喫茶店なので。本を読んでいるだけでもOKです。

何かやることを決めて、テーマ別にやるケースもあります。
読書をする喫茶店の日だったり、アナログゲーム(パソコンじゃなくて、カードややりとりで行うゲーム)をしたり、特定のテーマについて話す会だったり。
店主が楽器を弾く日もあるかもしれません。いわゆるライヴ付きです。

タイトルとURLをコピーしました